露出の多いドレスはNG

結婚式に呼ばれるとどんなドレスを着ていくか迷いますよね。店員さんに結婚式に着ていくドレスについてアドバイスをもらう場合もあると思いますが、店員さんも実はマナーを知らない場合があるので、要注意です。ミニ過ぎたり、肩だしのドレス、胸元が見えすぎるといったものは、結婚式では控えるのが良いでしょう。ドレスの丈は、膝が隠れるくらいがマナーです。ゲストは年齢層が幅広いため、そのことを考慮してドレスを選びましょう。

ストッキングはベージュが基本!

最近では、カラフルなストッキングなどがたくさんありますが、結婚式は正装をする場所です。ファッションに合わせて黒や網タイツのようなストッキングを履くのは、マナー違反です。冬だと寒いため、カラータイツなど厚手のものを選んでしまいがちですが、ベージュのストッキングを選びましょう。夏の場合、どんなに暑くても生足はよくありません。ストッキングでオシャレ感を演出するなら、肌色に近くさり気ないラメ入りのものや、ワンポイントがついているものを選びましょう。

意外?つま先が出る靴はマナー違反

結婚式でゲストの足元を見てみると、つま先が出ているタイプの靴を履いている方も多く見受けられ、マナー違反ではないようにも思いますが、実は違います。つま先が出ている靴は、離別や死別を連想させるとして縁起が悪いと考えられているので、結婚式では避けなければいけない靴です。また、オープントゥはフォーマルな靴ではないので、正装とみなされません。サンダルやミュールも同じです。足元にもきちんと気を配り、マナーのある服装で新郎新婦のお祝いをしましょう。

神戸北野の結婚式場はアクセスも抜群で好立地な場所にありますから思い出に残る結婚式を挙げるのに適しています。