入場の際に流すBGMの選び方は・・・

結婚式での入場のシーンですが、ただ曲が流れているだけだと思いがちですが曲には大きな役目があるんですよ。入場シーンを思い浮かべてください。花嫁と花嫁の手を引く父親が登場する際、タメを作ってから扉がバーンと開きますよね。そんな時のBGMとして必要な役目は、タメを作って開く扉と合わせて曲もイントロにメリハリがあるものを選曲するのがポイントになります。曲のイントロのメリハリと同時に扉が開く瞬間は、ゲストへ花嫁が来るという期待をもたせることができ、扉が開く瞬間がとても綺麗に魅せることができます。

乾杯の時に流すBGMの選び方は・・・

乾杯をするシーンは、皆が一斉に共同作業として気持ちが1つになる瞬間といえますので、ビシッと決めて皆で盛り上がれるようにするのがポイントです。その為、BGMを選曲する際は乾杯という掛け声ができる間のある曲を選ぶと良いです。イントロが長かったり逆にスローな曲では、掛け声とズレることがあり調整が必要になります。数曲候補を決めておき、実際乾杯と掛け声をかけてみるて、その中から掛け声と曲の間がぴったりなものを選ぶのようにするのがコツですね。

ケーキカットの時に流すBGMの選び方は・・・

ケーキカットの時の主役は、新郎新婦であり目いっぱいの幸せをアピールする場でもあります。またケーキカットの時は、多くのゲストがケーキの回りに集まりその瞬間を写真に収めようとします。その為、この時に選ぶBGMは定番中の定番な曲を選ぶのがポイントです。幸せいっぱいの姿をアピールするためにも、盛り上がる曲を選曲すると良いですよ。定番の曲のほかにも、2人の思い出の曲やその時期に流行っている曲などをチョイスするのも幸せをアピールするのにぴったりですね。

鶴岡八幡宮で結婚式は他の結婚式場とは雰囲気も演出も違うので印象に残ります。ありきたりではなくて素敵な結婚式を挙げられます。